初めての借入れ、借入れが出来る条件って?

初めて、消費者金融でお金を借りようとする場合、
審査に通るだろうか、借りられるのだろうかと思う方もいるかもしれませんね。
ですが、それ程審査が厳しいわけではありません。
普通に条件を満たしていれば借りることは出来ます。
では、どのような条件を満たしていれば借りる事が出来るのでしょうか。

 

 

●年齢・・年齢が20歳になっていない人は、
いくら高収入があり安定した仕事をしていても借りることは出来ません。

 

これはどの金融業者でも共通しています。
また、ある程度高齢の人も借りることは出来ません。

 

これは会社によって変わるのですが、大体70歳以下の人、
会社によっては69歳以下、65歳以下となっている所もあります。

 

 

●安定した収入・・当然のことながら、
安定した仕事をしていない人には貸すことはありません。

 

ですが、大手の会社だとか、高収入だとか、そういう事は関係ありません。
どんな小さな会社でもそこに3ヶ月以上勤めていれば大丈夫ですし、
パートやアルバイトでも1年以上同じ会社で勤めていれば借りる事が出来ます。

 

 

●借りる金額・・年収の3分の1以上は借りることが出来ないという、
総量規制という法律があります。

 

例えば年収300万円なら100万円ということになります。

 

ですが、初めてお金を借りに行った場合、
すぐにその金額を貸してくれることはありません。

 

まずは最低額から借りられるという事になります。
徐々に信用をつけて行き、段々と借りられる金額も多くなります。

 

 

●30歳以上でクレジットカードがない・・
初めてお金を借りるに当たって、
今までクレジットカードを持っていなかった人は、
借りられないことがあります。

 

 

クレジットカードを契約すると、
その時点で信用情報機関にその事が登録されます。

 

ですが一度もクレジットカードを作っていないと、
信用情報機関にはその人の履歴がありません。

 

日本人の85パーセント位の人がクレジットカードを持っていると言われているので、
むしろ年齢が30以上の人で何の履歴もない方がむしろ良くない印象を持たれるのです。

 

それは20代の時に借りたお金を返せなかった等の金融事故があり、
自己破産や債務整理をし、その後10年近い年月が経ったので、
その履歴が削除されたのではないかと疑われるということなのです。

 

 

例え本当にクレジットカードを一度も持ったことがなくても、
そのように疑われてしまい、借入れすることが出来なかったりします。

借入れする時に求められる収入証明書とは?

消費者金融等で借入れをする時には、どのような書類が必要なのでしょうか。
もちろん自分を証明できるものがなければ、借りることは出来ません。

 

例えば、
運転免許証やパスポート、
健康保険証等いずれかの、
身分証明書は必ず必要です。

 

では、収入証明書は必要ないのでしょうか。

 

 

この収入証明書は、必要な時と必要でない時があるのです。

 

まず、収入証明書とはどのようなものかと言うと、
一番最近の給与明細書、源泉徴収票、
自営をしているなら確定申告に用いた書類、納税通知書、年金証書等です。

 

これらの収入証明書が必要なのはどんな時なのでしょうか。

 

 

●50万円以上を借りたい時・・貸金業法により、
50万円以上を借りたい場合は、収入証明書が必要になります。

 

 

●他社借入れとの合計が100万円を超える時・・
貸金業者を利用しているのが2社とか3社の場合、
その合計が100万円を超えてしまう借入れを申し込む時に、収入証明書が必要になります。

 

既にA社、B社に合わせて60万円借りていて、
新たにC社から50万円借りようとした時、
合計が100万円を超えてしまいますので、
そのC社に収入証明書を提出する必要があります。

 

 

ただ、総量規制(年収の3分の1しか借りられない)という法律がありますので、
もし300万円の年収の人だったら、合計で110万円を借りるということは出来ません。
収入証明書を出す、出さないとかの問題ではありません。

 

 

●増額する時・・初回時に定められた融資限度額を増やしたい時にも、
それが50万円を超える場合や、
他社借入れとの合計が100万円を超えるなら、収入証明書が必要です。

 

 

●上記には当てはまらないものの、返済能力があるか疑問の時・・
例えば、転職したばかりでそこでの就労が安定しているかどうか分からない時や、
職種によっては安定した収入が見込めるのか分からない時等です。

 

また、虚偽の申告をしていそうな人も収入証明書を求められます。

 

 

収入証明書というのは、1回提出したらそれでOK、ということではありません。
大体において3年以上経過したら、また収入証明書を提出する必要があります。

 

やはりその間には仕事を変わっているかもしれませんし、
仕事が変わっていなくても収入状況が変化している事もあるので、
必ず提出する必要があります。

TOPへ