失業中の人でもお金を借りることは出来る?

お金が急に必要になったのに失業中と言う場合、お金を借りることは無理だと思っておられませんか?消費者金融等、必ず安定した仕事を持っていないと審査に通りませんからね。
でもどうしてもお金が必要な時、無職の人でも借りられる制度があるのです。
それは総合支援金制度というものです。

 

 

これを利用する場合は、まずハローワークへの求職申込みが必要になります。
その後市役所等の社会福祉協議会へ行きます。
ここでは失業とか又は収入が激減して生活に困っている人たちへお金を貸してくれるのです。
ですがそれには、他にいくつかの条件があります。

 

 

住民税が非課税になる位収入が低いこと、住む所のある人(ホームレスでないということですね)、就労支援を受ける気持ちのある人、支援を受ければ自立できそうな人、他に公的な貸付等を受けていない人、です。
ハローワークへ行って求職の申し込みをする事が、就労支援を受ける気持ちのある人と見なされる訳です。

 

 

総合支援資金の中には、生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費の3種類があります。
生活支援金というのは、仕事を見つけて何とか生活出来そうになるまでの生活費を借りることが出来ます。
二人以上の世帯では月に20万円、1人世帯では月に15万円を借りる事が可能です。

 

 

住宅入居費というのは、アパート等を借りる際の敷金、礼金等の費用を借りることが出来、40万円を借入れすることが出来ます。

 

 

一時生活再建費というのは、生活を再建し、一からスタート出来るように支援してくれるものです。
家賃や水道光熱費等を滞納していたらそれを立て替えてくれ、また仕事を探すための費用や、技能を身に着けるための費用も借りる事が出来ます。
60万円を借りることが出来ます。

 

 

利子はかかるのでしょうか。
実は保証人がいれば無利息で借りることが出来、保証人がいなければ年1.5パーセントの利子なので、かなり低金利だと言えるでしょう。
しかも返済期間は10年間ですので、ちゃんと仕事につけば、返済は十分可能であると言えます。

 

 

ただいくら公的な支援金であるとは言え、審査があります。
その審査には少なくとも1ヶ月はかかりますし、また色々な書類を用意する必要があります。
ですが、一から出直す気持ちがあるならば、市役所へ行って聞いてみることをおすすめします。

TOPへ