他社借入れが多い人は借りることが出来ない?

消費者金融等で借入れ出来なかった場合、色々な理由がありますが、もしかして既に数社から借入れしてはいないでしょうか。
他社がせめて2社なら大丈夫かもしれませんが、3~4社以上になると審査に落ちる可能性は大きいようです。

 

 

総量規制の関係で借入れ金額の合計が、年収の3分の1までと決められていますが、それとは別に、借入れの合計金額が3分の1以下であったとしても、他社借入れ件数が4社以上だと良くない印象があります。
どうしてこんなに件数が増えているのだろうか、問題がないわけはないと思われてしまいます。
例え延滞なく返済されていても、良くは思われないのです。

 

 

例えば100万円を借りている場合、1社から借りているなら信用がある人と思われますが、3社から30万円くらいずつ借りていたら、信用が低い人と見られます。
お金に困っており、しかも3社から借りなければならない程信用度の低い人と見られ、新たにお金を貸してはくれない可能性があります。

 

 

ですから1社でも良いから返済を済ませ、尚且つ契約も切る必要があります。
契約を切っておかないと又ここから借りるつもりがあると思われますから、解約しておかなければなりません。
そうすることによって、数が1社消えるのです。
また消費者金融だけでなく、クレジットカードも数枚持っているなら解約した方が良いでしょう。
クレジットカードも数のうちに入ってしまうのです。

 

 

そうは言っても1社と言えども返済は出来ない、と言う人もいるでしょう。
そういう場合は、おまとめローンにするという方法があります。
これは数社から借入れしている場合、全部をまとめて1社にするというものです。
例えばA社、B社、C社から借りている場合、A社におまとめローンを申し込んで、とりあえずB社とC社の分をA社から借りて完済してから、A社1本にローンをまとめるという方法です。

 

 

そうするとA社の借入れ総額が多くなるので、金利を低くすることが出来るのです。
返済期間は伸びますが、1ヶ月に支払う分の金額は減りますし、何といっても、他社借入れが3社から1社に減るというのは大きい利点です。
そのように他社借入れが数社の人は、まずはおまとめローンで1本化してから、改めて他の貸金業者に申し込むようにしてみましょう。

TOPへ