お金を借入れする時に、嘘を申告するとどうなる?

申し込みの際の年収、他社からどれくらい借りているか、
勤務している会社と、その勤続年数等を、少し上乗せして申告したり、
嘘を書いたりするのは、むしろかなり危険を犯している事になります。
何故なら、すぐにばれるからです。

 

貸金業者は借入れの申し込みを受けたら、すぐに信用情報機関に確認して、既に登録されているデータを調べることになります。
かなり詳細なデータが登録されているので、ごまかしようがありません。

 

 

ですから他社からは借りていないと申告しても、もし本当は他社から借入れしていたら、すぐに分かってしまいます。
しかも返済状況も分かりますから、いつも遅れていること等が判明したら、借りられないということもあります。

 

 

また無職の場合、勤務先に関して嘘をつく人もいます。
例えば知っている人の会社とか以前勤めていた会社を書いたりするかもしれません。
でも必ず在籍確認の電話が入りますから、嘘はすぐにばれてしまいます。
ですがこの頃では、アリバイ会社なるものが存在しており、そのアリバイ会社を利用する人もいます。
その嘘のアリバイ会社は、会社の住所や電話番号を提供し、収入証明書を偽造までしてくれるようです。

 

 

とは言え、貸金業者はそのアリバイ会社のリストも持っているのです。
ですからすぐにばれますし、アリバイ会社を利用したということを信用情報機関に報告されてしまいますから、益々お金が借りられないということになるでしょう。

 

 

しかも悪質な虚偽申告でお金を借りようとした場合、それがばれたら詐欺未遂ということになります。
刑事罰になるわけですから、そんな危険は犯さないようにしましょう。

 

 

ですが年収等の申告の際、1、2万円くらいの誤差なら大丈夫なようです。
また勤務先に関しても、会社に正社員として勤めていなければ借りられないということはありません。
アルバイトやパートだとしても、そこに1年以上勤めていて安定した収入があれば借入れすることが出来るので、嘘を申告する必要は全くありません。
そのまま正直に申告した方が得策です。

TOPへ