自分の信用情報が登録されている、信用情報機関とはどんな機関?

消費者金融等からお金を借りようとしたのに審査に落ちて、借入れが出来ないことがあります。
それは消費者金融や銀行がこの人にお金を貸しても良いかどうかを判断するために、加盟している信用情報機関を利用して確認するからです。
登録されているデータに、お金を貸すに当たってあまり良くない内容が登録されていたら、貸金業者はその人を審査に通すことはしません。

 

 

信用情報機関というのは、信用情報を集め管理し、そのデータを貸金業者に提供する業務を行う会社です。
尚且つ総理大臣から指定を受けている信用情報機関の事を指定信用情報機関と言い、現在は2社が指定を受けており、それは株式会社日本信用情報機構(JICC)と、株式会社シー・アイ・シー(CIC)です。
指定信用情報機関ではないですが、全国銀行個人信用情報センターというのもあり、これは主に銀行と銀行系のカード会社が加盟しています。
ですので全国で信用情報機関というのは以上の3つになります。

 

 

貸金業者や銀行は顧客にお金を貸付けしたら、すぐに加盟している指定信用情報機関にその情報を報告しなければなりません。
そしてその後は、その顧客の返済状況等、かなり詳しいデータを報告します。
ですから、信用情報機関にはその顧客が返済をどのようにしているか、きちんと行っているか、遅延があるか等、データが詳しく登録されます。

 

 

キャッシングの返済やクレジットカードでのショッピング代金の返済が何か月も滞納しているとか、債務整理をした、自己破産した等は金融事故として登録されますが、この金融事故として登録されることが、ブラックリストに載るということになります。
この金融事故情報だけは、3つの信用情報機関で、相互に利用できる情報となっています。

 

 

ですから、カードローン等で借入れを申し込むと、貸金業者はその信用情報機関でその人のデータを確認し、お金を貸しても大丈夫な人なのかを調べることになります。
遅延が多いとか滞納した履歴があったりすれば、審査が通らないので借入れすることは出来ないということになります。

 

 

そんな信用情報機関に登録されたら困るので、登録を拒否しますと言っても、それは絶対に不可能なことです。
カードローンでお金を借りること又はクレジットで商品を購入すること=信用情報機関にデータが登録されること、ということになります。
お金を借りる際の申込書には、よく見ると利用規約の中に、信用情報機関に情報が提供され利用されることを承認する、というような旨の文章が書いてあります。

 

 

では、ブラック融資の信用情報を見ることは出来るのでしょうか。
それは出来ます。
信用情報機関の窓口で情報の開示を求める事も出来ますし、郵送での開示を請求することも出来ます。
もちろん自分以外の人の情報の開示は請求出来ません。

ブラックリストって、どんなもの?

よくブラックリストに載るとか載らないとか、そういった言葉を聞く事がありますね。
ではブラックリストって、何なのでしょうか。
そういうリストはどこにあるのでしょうか。

 

 

実は、ブラックリストというリストそのものはありません。
ですが、カードローンで借りたお金の返済を滞納したり、
クレジットカードでショッピングした際の返済を滞納したり、
債務整理をしたり、自己破産したり等すると
その情報は信用情報機関に報告され登録されてしまいます。

 

こういった情報は事故情報と呼ばれていて、
この事故情報に登録されることを、
俗にブラックリストに載ると言われているのです。

 

 

カードローンやクレジットカード、住宅ローン等を契約すると、
必ずその情報はローン会社や銀行が加盟している信用情報機関に登録されることになっています。

 

登録されると返済状況や延滞状況など、
そういった内容が必ず登録されて行くので、
きちんと支払っているのならばその人の信用度が高くなるだけですが、
事故情報に載ってしまうとブラック入りということになってしまいます。

 

 

では具体的にはどのような延滞等があると、
ブラックリスト入りをしてしまうのでしょうか。

 

 

カードローン等でお金を借りた場合、3ヶ月以上滞納してしまったり、
又は、1ヶ月や2ヶ月の滞納が繰り返されたりすると、ブラック入りしてしまいます。

 

 

またクレジットカードで分割でショッピングをした際に、
3ヶ月以上滞納した場合にもブラック入りしてしまいます。

 

最近とみに多くなっているのが、スマートフォン本体の分割払いで、
3ヶ月以上の滞納によるブラックリスト入りです。

 

スマートフォンは若者が必ず持ちたいものですから、
10代から20代の若者が滞納して、ブラックリストに入ってしまう事が多くなっています。

 

 

また、自己破産や任意整理、民事再生等、法的に借金をなくしたり、
減額したりすると、当然ながらブラックリストに入ってしまいます。

 

 

以前は過払い金請求をすると、それもブラックリストに載ってしまいました。

 

ですが、平成22年4月より、それは廃止になりましたので、
現在は過払い金を請求したとしてもブラックリストには載りませんので、安心してください。

 

 

自分がブラックリストに載っているかどうかは、
クレジット会社が加盟している指定信用情報機関に開示を求める事によって、
確認することが出来ます。

 

でも一度ブラックリストに載ってしまっているものをその本人が消すことは出来ません。

 

5年から10年は登録されてしまうので、
その間はキャッシングも出来ませんし、
ローンも組めないことになります。

TOPへ