お金を借りれないのは総量規制のせい?

消費者金融からお金を借りられなかった場合、一番に考えられるのは「総量規制」が原因かもしれません。
「総量規制」というのは、貸金業者からお金を借りる場合、年収の3分の1までしか借りれないという、法律なのです。
これはお金を借りる人が、やみくもに多額の借金をして、返せなくなるという事がないようにするためのものです。

 

 

ですから、年収が300万円の人の限度額は100万円ということになります。
それでその人が既に50万円を借りていて、さらに100万円を借りようとした時には、総量規制により借りる事は出来ないという事になります。
それならばA社から50万円借りているから、別のB社から100万円を借りればいいのかと思っても、それは出来ません。
なぜなら貸金業者からの借入残高のデータは、すべて指定信用情報機関に集められているので、その人にいくら借入れ残高があるかすぐに調べられるからなのです。

 

 

総量規制の対象になるのは貸金業者の貸付けで、銀行の行うカードローンはその対象ではありません。
ならば銀行で年収の3分の1以上を借りようと思っても、それは無理です。
総量規制の対象外とは言え、銀行内で規制を設けている所が殆どで、年収の3分の1以上を借りることは出来ないのです。

 

 

それと、クレジットでのショッピングは総量規制の対象ではありませんので、その分は借入れ残高には含まれません。
ですがクレジットカードでお金を借りた場合は総量規制の対象になるので、借入残高に含まれることになります。

 

 

会社等の法人には総量規制は適用されないのですが、個人事業者には総量規制が適用されます。
ですが、その個人事業者の実績や将来的にもしっかりした実績が見込める場合は、例外として借入れすることが出来ることもあります。

 

 

また当然ながら、住宅を購入するために借りた住宅ローンや、自動車ローン等は総量規制の「除外貸付け」というものに分類されるので、借入れ残高には含まれない事になっています。
住宅等はかなり高額になりますから、それを総量規制に適用してしまうと、殆どの人が住宅ローンを使えないことになってしまうからです。

 

 

また金利がかなり安い所からの借り換えの場合は、総量規制の対象外となり、「例外貸付け」となることがあります。
あるいは数社から借入れしていて、それを今までよりずっと安い金利で1本化する(おまとめローン)の場合も「例外貸付け」となり、総量規制の対象外になることがあります。

TOPへ