短期間に複数のカードローンに申し込むのって良くない?

どうしてもお金が入用になって、消費者金融でお金を借りる場合、もし1つの貸金業者の審査で落ちたら困ると思い、複数社に申し込みをする人がいるかもしれませんね。
1日のうちに3社とか、2,3日のうちに3,4社とかに申し込んだりします。
でもこれはかえって、どこからも借入れ出来なくなる可能性があります。
短期間に複数社に申し込みすることは、消費者金融の人から見ると、そういう人にお金を貸すのはかなり危険なことという事になります。

 

 

もし仮に短期間に複数に申し込んで、1社から借りられたとしても、信用情報機関には、短期間に複数社に申し込みした、という履歴が必ず残ります。
ですから、何か月かしてから又別の貸金業者から借りようとしたら、審査に通らない可能性があります。
こんな短期間に3社も4社も申し込んでいるのは、何か問題があるに違いない、かなりお金に困っているから、返済能力も低いだろうと、思われてしまいます。

 

 

しかも貸金業者に申し込みをした場合、会社に在籍確認の電話がかかってきます。
そういう時、短期間に複数社申し込みすると、その都度、在籍確認の電話が来ることになり、会社の人からするとその社員に対して不信の念が湧いてくることは確かでしょう。
お金にかなりルーズな人、というレッテルを貼られるかもしれません。

 

 

ですから本当は1社とか2社に絞って、申し込みした方がよっぽど審査に通りやすいですし、回りからも不審がられません。
ですが、実際に申し込んでみないと審査に通るか通らないか分からないという場合もあります。
ですが、お試しに審査してくれるサービスが多くの金融業者にはあるので、それを利用するといいでしょう。

 

 

「お試し審査」というネーミングではないかと思いますが、多くの金融業者では、年齢や年収などを入力すると、審査に通るか通らないかを、大体の線で診断してくれるのです。
あくまでも目安ですから、実際の申し込みではどうなるかは分からないのですが、どこの業者にしたら良いかの判断材料にはなるでしょう。
このサービスを利用しても、実際の審査に影響はありませんし、信用情報機関の履歴に残る事は一切ありませんので、色々な業者で試してみるといいかもしれません。

カードローンの限度額の増額って出来るの?

カードローンに申し込みをした場合、審査を受けますが、その時に利用限度額も決定します。
申告した年収、勤続年数、他社からの借入れ状況等を考慮し、また総量規制(年収の3分の1までしか借りられないという法律)を元に、利用限度額が決定するのです。

 

 

ですがもう少し借入れを増やしたいと思っておられる人もいるでしょう。
そういう人は、安易に違う消費者金融から借りようと思うかもしれません。
ですがカードローンの会社を増やすのはおすすめ出来ません。
もし可能ならば、現在利用しているカードローンの会社で、利用限度額の増額をする方が色々な面で得策です。
どうしてでしょうか。

 

 

1つには、借入れ限度額が多い方が、金利が安くなるからです。
額が増えると、かなり金利が低くなるのは、どこの消費者金融も同じです。
ですから、高い金利で3社からそれぞれ借りるより、低い金利で1社で借りた方がずっと得ということになります。

 

 

2つ目に、新規に申し込みをするより審査が早いです。
増額をするにあたっても、当然ながら審査は行われます。
増額しても返済出来る能力があるかどうかを確認する必要があるからです。
でも他の会社に申し込んで、新規に契約するとなるとその審査は一からのものとなるので、時間がかかります。
会社への在宅確認もありますし、色々面倒くさいです。
でも同じ会社での増額のための審査はそれ程長くはかからないでしょう。

 

 

3つ目に複数のカードローンから借入れすることは、管理が複雑になります。
それぞれの返済日が違う事もありますから、神経を使います。
それに何といっても、複数社から借入れがあるということが、信用情報機関に登録されることになりますので、それはあまり良い事ではないのです。
借入れしているカードローンはA社1つである、というのに比べて、B社、C社からも借入れがあるという風になると、信用度の点で複数社から借りている方が、ぐんと落ちる事になります。

 

 

以上の観点から考えると、出来たら同じ会社で利用限度額の増額を申し入れる方が良いと言えます。
ただ、それが受け入れられるか、という問題が生じます。

 

 

まずはそのカードローンを半年以上利用している、という人にしか増額は認められません。

 

 

また、今まで一度の遅延もなく返済されているかどうかが重要です。
一回でも遅延があると増額出来ないこともありますが、それくらいは大目に見てくれる会社もあります。
ですが、一度の遅延もなくきちんと返済出来ている、という実績は増額に関しては強いでしょう。

 

 

もし収入が増額しているなら、かなりの強みになりますので、収入証明書を提出すれば増額出来る可能性は大きいでしょう。

TOPへ